千葉県流山市流山をこよなく愛する「さわやか整体院」|【流山市流山の整体】 腰痛・ひざ痛・肩こり・手足のしびれなどの慢性症状専門院

坐骨神経痛

なたのそのら~い骨神経痛!

こに行ってもわらない!くならない!
きらめていませんか?

ぜ、そのら~い骨神経痛が
こまで復するのか!?


坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)って、なに?

画像の説明

腰から足先へ伸びている神経を「坐骨神経」といいます。


その坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されたり刺激を受ける
ことで現れる痛みやしびれ、麻痺などの症状のことを
坐骨神経痛」といいます。



ちなみに、坐骨神経痛は病名ではなく症状を表す言葉です。


多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、お尻やふとももの
後ろ、スネ、足先などに痛みやしびれが現れるだけでなく、
麻痺や痛みによる歩行障害も伴う
こともあります。

※右図、坐骨神経は左右対称にあります。

このような症状で、お悩みではないですか?

画像の説明

  [check]いつもお尻に痛みやしびれがある

  [check]足が痛み、少し歩くと歩けなくなる

  [check]体を動かすと足の痛みが強くなる

  [check]安静にしててもお尻と足が痛い

画像の説明

  [check]足だけでなく腰も痛い

  [check]足腰が痛くて眠れない

  [check]足が痛くなり立っていられない

  [check]お尻が痛くて座っていられない

  [check]足先がしびれている

  [check]足裏が分厚くなった感覚がある

坐骨神経痛は、どうして起こるの?

✿年齢が若い人にもっともよく見られるのは、「腰椎椎間板ヘルニア」で、次に「梨状筋症候群」があります。

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアにより、坐骨神経が圧迫されて発症します。

梨状筋症候群

仕事や運動で、お尻の奥の梨状筋間で過度に緊張をすることで、坐骨神経を圧迫されて発症します。


✿高齢者になると、「腰部脊柱管狭窄症」「変形性腰椎症」などの変形疾患に多く見られます。

脊柱管狭窄症

脊柱管が何らかの理由で狭くなり、坐骨神経が圧迫されて発症します。

変形性腰椎症・腰椎分離症・腰椎すべり症

腰椎の形が歪んだり、ズレたり、変形して坐骨神経が圧迫されて発症します。

その他

年齢は関係なく特殊な疾患としては、「脊髄腫瘍」「骨盤内腫瘍」(いわゆるガン)などの病変で坐骨神経痛を発症したり、圧迫はないが帯状疱疹の後遺症や腰への過度の負担が原因で発症することもあります。

坐骨神経痛の一般的な治療法は?

坐骨神経痛の治療は、原因疾患にかかわらず、まずは痛み・しびれを和らげる対症療法が主体になります。

手術をしない保存療法

保存療法とは、手術以外の方法で症状を和らげ、日常生活を改善する治療法のことです。

種類としては、薬物療法、神経ブロック療法、理学療法、認知行動療法、リエゾン療法があります。


手術をする外科的療法

上記治療を十分行ってもあまり効果がみられない場合や、膀胱や直腸に障害があらわれた場合などは手術をします。

原因は他にある!

痛みやしびれを出しているのは、たしかに坐骨神経かもしれませんが、原因はそこではありません。

坐骨神経痛になったのは一つの結果であり、たまたま坐骨神経を圧迫しただけであって、もしかしたら首やひざなどに出ていたかもしれません。


ただ、その痛みを取り除けばいいわけでもありません。

そうなってしまった元の原因を改善しない限り、再発を繰り返し永遠付き合っていかなければならなくなります。


そうならないためにも、二度とぶり返さない身体作りが必要です。


根本からの回復のために、痛みやしびれの原因になるゆがみ、ねじれ、身体に負担のかかる何気ない生活習慣を改善していきます。

なぜ、坐骨神経痛になってしまったのか?

いつもこんな姿勢をしていませんか?

2012-11-12:歪みチェックシート

いつもこんな生活をしていませんか?

[check]長時間同じ姿勢で過ごすことが多い。

[check]立っている、もしくは座っている時間が長い。

[check]左右どちらかに体重をかけて立っていることが多い。

[check]高い枕で寝ている。

[check]毎日シャワー浴である。

[check]湯船に浸かってもカラスの行水である。

[check]寝る時間は0時を過ぎることが多い。

[check]気持いいから押す・揉む・叩くをよくしてもらう。

画像の説明画像の説明

以上のような片寄った姿勢やクセ、生活習慣を続けていると、その時は楽でも身体には負担をかけています。


楽だからといって、この状態を続けると、

  • 身体のゆがみ、背骨のゆがみ
  • 筋肉の疲労の蓄積
  • 椎間板の劣化
  • 自律神経の乱れ

などが起こります。

そのような状態が長年続くと、身体に負担のかかる場所とさぼっている場所が出てきます。


つまり、負担がかかっている場所に緊張が入り、疲労が集中して溜まっていきます。


それでも身体は上手にかばいながら間違った姿勢や身体の使い方をして何とかごまかしていきます。


しかし、もうどうしようもなく限界に達したとき、負担のかかっていた筋肉を過度に緊張させ固まらせます。


それがお尻などに起こると坐骨神経を圧迫して、坐骨神経痛を引き起こすのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional